中国生産性本部様にて新入社員研修を行いました

4月4日(水)、5日(木)の2日間、
中国生産性本部様主催の新入社員研修にて、十倉が講師をさせていただきました。

毎年、どのような方が入社されているのだろうかと、
新入社員の皆さまにお会い出来る事を楽しみにしながら会場に向かっております。

最初に「企業が新入社員に求めるものとは?」という話をさせていただき、
新入社員としての意識、振舞についてお話しいたしました。

 

挨拶の仕方、お辞儀の仕方等をお伝えした後、
午後からは毎年恒例の「PDCAゲーム」を行いました。

 

 

 

それぞれのチームで趣向を凝らし、課題達成のために全員で力を合わせる姿が印象的でした。

様々な研修でこちらの演習を取り入れておりますが、
新入社員の皆さまは頭も柔らかいからなのか(?)
各年齢層、様々な職位の方々よりも、早く、多くのチームが課題達成をされておりました。

2日目はビジネスマナーを中心に研修が進みます。

身だしなみチェック、お辞儀の仕方、発声練習。
敬語の使い方や電話応対に至るまで、講師が厳しくチェックを行います。

全体で講義をした後は、各グループに別れ、ロールプレイングを行いました。
少人数でのグループ演習では、人数が少ないからこその緊張感も生まれていました。
又、大教室ではフォローが出来ない細かいところまで指導やフォローが行えました。

グループワーク後には、教室に戻り、
決意表明をシートに記入していただき、研修を終了いたしました。

皆さまの今後のご活躍を期待しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です