中電プラント様で女性活躍推進研修を行いました。

6月14日(水)、6月19日(月)、6月21日(水)の3日間にわたり、
中電プラント株式会社様で、女性活躍推進研修を行いました。

DSCN1039 DSCN1091 DSCN1139

この度の研修は、「女性活躍推進法 行動計画」における研修でございます。
3カ年計画のうちの1年目、最初の研修を開催いたしました。

女性の活躍のためには、働く女性たちの意識向上も必要ですが、
女性を指導する「上司」の意識改革も必要です。

今回は、女性社員と直属の上司(管理職)の研修を、時間を分けて行いました。

午前中は上司の方々の研修です。
現代社会の状況、女性の働きが必須になってくる理由から、
男性の脳と女性の脳の構造が違う、という話をお伝えいたしました。

DSCN1093

実例を交えた方が分かりやすくお伝えが出来る、ということで、
日々の十倉家のご様子を皆さまにお伝えいたしました。
男性の考え、行動の仕方、また女性の考え、行動の仕方がよりご理解いただけたのではと思います。
また、脳科学の観点から、
女性の指導方法について、より良い指導方法をお伝えしておりますので、
今後の指導の際にはぜひ取り入れていただければ幸いでございます。

 

午後からは、上司と女性社員が一堂に会しました。

まずは、エゴグラムを用いて、それぞれの現在の心のエネルギー状態を把握し、
自分がP、A、C のどのエネルギーが強いか、を把握していただきました。

DSCN1116 DSCN1164

簡単な交流分析の考え方をお伝えし、
上手くいく会話についてお伝えいたしました。

次に、女性がリーダーになるために必要な能力「指導能力、コーチング」について、
実際のロールプレイングを通じ、それぞれにフィードバックを行いました。

あるグループは、女性社員が上司役を演じ、
実際の上司より、指導方法についての指導を行っていただきました。

また違うグループは、実際の上司が上司役を演じ、
観察者役の部下から、「本当はこのように指導されたい」とのフィードバックを行いました。

それぞれ、フィードバックを受ける事により、
新たな事柄に気付くことが出来たのではと思います。

 

そして最後に、女性社員のみでの研修を行いました。

女性社員が必要とされている理由、女性リーダーとして必要な「生産性向上」に対する意識を
お伝えし、
その後はお待ちかね、演習として「マネージャーゲーム」を行いました。
簡易的な「指示役」を体験するゲームです。

与えられた課題に対し、それぞれがそれぞれの役割を全うする、というゲームですが、
一切無言で行います。ジェスチャーもダメです。
用件を伝える時にはメモを書いて渡します。

そのメモの渡し方にもルールがあるのですが・・・

まずは課題を認識するのに時間がかかり、
課題を達成するためのプロセスにも時間がかかるゲームです。
カラクリが分かった皆さまは、「なるほど~!」と驚きを隠せない様でした。
大変シンプルなゲームではあるのですが、
これがなかなか完成までたどり着かないという、難解で、学びの多いゲームです。

 

今後につきましては、今回の研修を受け、「女性リーダー」を目指す方々が集まり、
3年間で継続して研修を行ってまいります。
研修終了時には、女性管理職の割合が上昇し、
かつ、今後の女性管理職候補者が増える事を期待しております。

DSCN1124

今後も、引き続き、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です